参加予定の大学陸上部

創価大学(三上雄太選手)/青山学院大学/東海大学/早稲田大学/明治大学/國學院大学/東京国際大学/筑波大学/順天堂大学/日本体育大学がエントリー!
ほか強豪大学陸上部が参加検討中!
参加を希望の大学は実行委員会メールアドレスまでご連絡ください
(info@hakone-saisoku.comまで)

出場2回目

神野大地

  • 1993年、愛知県生まれ
  • セルソース所属
  • 青山学院大学において、第91回箱根駅伝 5区 区間新記録(当時)樹立。青学大も総合初優勝を果たし“3代目山の神”として駅伝ファンに親しまれる。 2018年5月にプロへ転向し、2019年アジア選手権マラソン優勝等の成績を残す。現在も五輪や世界選手権での活躍を目指して日々トレーニングに励んでいる。

    4年ぶりに「激坂最速王決定戦」へ参加できること、非常に嬉しく思います。 私個人にとっても思い入れるのある箱根の地で、参加される皆さんと一緒に”劇坂”を走れることを楽しみにしています。
  • 【戦績】
    2018年東京マラソン 2時間10分18秒
    2019年マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場
    2019年アジア選手権マラソン 優勝 2時間12分10秒
上田瑠偉

初出場

上田瑠偉

  • 1993年、長野県生まれ
  • プロ山岳ランナー
  • トレイルでは5kmを1000mUPという駆け上がるレースを走ることもありますが、久しぶりのロードでのレースにワクワクしています。山での登りの力を発揮して、どんなタイムで登れるのか楽しみです!
  • 【戦績】
    2019年 SKYRUNNER WORLD SERIES 2019 年間チャンピオン
    2021年 スカイランニング世界選手権 
    VK種目金メダル、SKY種目銅メダル、コンバインド金メダル
    2021年 トレイルランニング世界選手権日本代表
館澤亨次

出場2回目

館澤亨次

  • 1997年、神奈川県生まれ
  • DeNAアスレティックスエリート所属
  • 東海⼤学在学中は2019 年の東京箱根間往復⼤学駅伝競⾛で4区・区間2位の⼒⾛で⺟校の総合初優勝に貢献、さらに2020 年の同⼤会では6区を⾛り区間新記録を樹⽴。 「神奈川を代表するアスリートとして活躍したい」という熱い思いを胸に、世界⼤会出場への壁が厚いと⾔われる中距離種⽬をメインに、その壁を打ち破る存在となるために挑戦を続ける。

    昨年に引き続き、ゲストランナーとして2回⽬の出場機会をいただけたことを光栄に 思います!
    前回⼤会では、過酷なコースでありながらも楽しくみんなで頑張れる⼤会だなと感じました。今年も皆さんと共に、激坂を駆け上がりたいと思います!
  • 【戦績】
    2019年 第95回箱根駅伝4区区間2位/総合優勝
    2020年 第96回箱根駅伝6区区間賞・区間新/総合2位
    2020年 第104回⽇本選⼿権1500m優勝
佐野千晃

初出場

佐野千晃

  • 1992年 埼玉県生まれ
  • 元グラビアアイドル現マラソンモデル
    NHKランスマ倶楽部MC
    TGCやNIKE、UAモデル、超人女子など多数出演経験あり
  • 坂道は割と苦手分野で、今まで避けてきた道なので少し不安があります。
    でもそれ以上にワクワクしています。
    遅くても速くても、自分が納得いくように精一杯顔晴って、自分自身に勝つ走りをし たいと思います。
    皆さん一緒に楽しみましょう!
  • 【戦績】
    2019年東京マラソン3:14:24
    2021年マイクロレースハーフマラソン1:33:30
    2019年スパルタンビースト20km Age優勝
    2019年野沢トレイル27km Age2位
    「2019年ホノルル駅伝Aチーム優勝

出場3回目

大村一

  • 1978年、長野県生まれ
  • 第75回箱根駅伝9区、第76回、第77回箱根駅伝5区出場(法政大学)、塩尻市役所勤務、癒しの森AC所属
  • 昨年は40代の部で2位と悔しい思いをしたので、今回こそは最速王を目指します! 激坂を登り切った達成感と、最高点から眺める大パノラマを一緒に楽しみましょう!
  • 【自己ベスト】
    2017年 びわ湖国際マラソン 2時間29分1秒
    第56回富士登山競争五合目の部優勝

出場2回目

齋藤拓也

  • 1987年、群馬県生まれ
  • 2019年富士登山競走5合目の部優勝、日税ビジネスサービス所属
    フルマラソン自己ベスト2.16'10
  • 大会の開催並びに招待頂きありがとうございます。以前、住んでいた小田原を走れることを大変嬉しく思います。貴重な機会に感謝しつつ、全力で頑張ります!
  • 【戦績】
    2019年 金沢マラソン 2位2.18'26(大会新)
    富士登山競走5合目の部 第72回優勝(第69~71回2位)
    2020年 新宿シティハーフマラソン2020 優勝1.06'25

出場2回目

2020山道最速女王 仲田光穂

  • 2020年大会(登りの部)優勝
    記録[1:12:47] ※歴代最高記録
  • 今年に入り、200km以上がメインとなり、距離も短くきついこの大会は自分への挑戦となります。昨年の自分を超えられるよう頑張ります!
  • 【戦績】
    戦績:2019年 四万十川ウルトラマラソン 女子総合優勝
    2021年 小江戸大江戸200k 男女総合優勝
    2021年 川の道フットレースハーフの部(251km) 男女総合優勝
深浦祐哉

初出場

深浦祐哉

  • 1979年 秋田県生まれ
  • Running Community「Go up!」代表
    2006~2017世界デュアスロン選手権日本代表。世界選手権エリート10位の実積を持つ、日本を代表するプロデュアスリート。
  • 以前から「とても面白いコンセプトの大会だな」と思っていた激坂最速王決定戦に、参加できるのは非常に光栄です。
    僕もかつて箱根駅伝に憧れた一人です。参加者の皆さんと一緒に、現役箱根選手やOBのスター選手達と激坂を堪能できることを楽しみたいと思います!
    目標は、打倒大村一選手!僕ら世代の5区のレジェンドに食らいつきます!
  • 【戦績】
    世界デュアスロン選手権12年連続エリート日本代表(2006〜2017年)
    デュアスロン国内シリーズ 11年連続年間チャンピオン(2006〜2016年)
    デュアスロン(Run-Bike-Run)
    2013年富士登山駅伝 3区&9区 区間賞
    フルマラソン自己ベスト:2時間22分25秒